バンギャの友達とバンドファンとサッカーファンの比較を語りあう

今日は、バンドの追っかけをしている友達とランチとお茶をしました。
友達は大好きなバンドがいくつかあって。
ライブを見に、日本中あっちこっち。
下手したら海外公演にまで行っちゃうくらいのバンド好きな人です。

一方私は、サッカーが大好き。
サッカーはライブで見るものよ!と真夜中だろうが早朝だろうが起きてサッカーを見ています。
テレビ観戦に我慢ができなくなった私は、ついにイギリスまで見に行くようになってしまいました。

そんなある意味オタクな私と友達。
バンギャとサッカーファンは似ていないようで似ているんじゃないか・・・という話になりました。
バンギャとサッカーファンの比較がとにかく面白くて。
ずーっとその話に熱中してた私たち。

特に、純粋なサッカーというスポーツが好きでそのチームが好きになったような人や、地元のチームだからというだけで応援している人はまた違うかもしれませんが、私のようなミーハーサッカーファンは、バンド好きな人たちと似たようなものではないかと思います。
私は元々サッカーというスポーツが好きでした。
そこに加え、好きなサッカー選手ができました。
で、そのチームを応援という流れ。
これは、バンドに夢中になる友達も一緒だと同意。

でも、友達曰く、サッカーを含めスポーツファンの方が爽やかだ。
皆で応援!っていうスタイルでしょ?
バンギャの世界はドロドロしてる・・・と言っていました。
うーん。
どうでしょう。
サッカーファンの間にも色々確執はありますよ。
最近はなんだかやたらとJリーグファンと、海外サッカーファンの間で揉め事が起きていますし。
下手したら同じチームのファン内でもイザコザありますし。
スポーツ=爽やか、ってわけじゃないんですけどね。
でも、ドロドロはしていないかな。
それは、男女比の問題じゃないかなーともチラっと思います。
どうしても女性が集まるとドロドロしがちですものねぇ。

なんだかすごく面白くて興味深い話でした。
結局、似てるような似ていないような・・・で時間切れ。
また次回続きやろうねーなんて言いながら別れました。
でも、言えることは何かに夢中になれるって素晴らしい!
これだけはホント。防風通聖散で下痢の副作用が!